またしても…“産業スパイ”

営業秘密対策|またしても産業スパイが発生

 

 

またしても日本を代表する大手企業において「産業スパイ」事案が発生しました。

 

我が国における企業の機密情報保全対策は諸外国に比べてかなり軽んじられているのでは?と懸念せざるを得ません。

 

2020年1月25日、ソフトバンクの機密情報をロシアに提供したとして、同社元社員が逮捕されるという事件が発生しました。

 

過去に摘発された主な企業機密漏洩事件としては、

 

平成18年 ロシアによる、株式会社ニコン(Nikon)の機密扱い部品の持ち出し事件

平成19年 中国籍の男による、株式会社デンソーの製品図面データの持ち出し事件

平成26年 韓国企業への、株式会社東芝(TOSHIBA)のフラッシュメモリー研究データの流出事件

平成27年 中国関連企業への、大手工具メーカー「オーエスジー株式会社」設計データ持ち出し事件

 

などがあげられますが、摘発されていない隠れた事件も多発している可能性が大いにあることも懸念するべきことと考えます。何故なら、これらの事件は全て、本来であればセキュリティーシステムが万全と思われる日本の大手企業ばかりだからです。

 

現代の我が国には上記企業以外にも、ロボット、ロケット、自動車、家電等の優れた技術やデータを有する世界に名だたる中小企業が多く存在しています。

 

万が一、虎視眈々と隙を窺う産業スパイにこれらの企業が狙われたら、本当に大切な営業秘密を守り切れるでしょうか?

 

被害にあった場合、その企業の経済的損失は計り知れないものがあり、大げさな事ではなく、日本の国益をも損なうこととなります。

 

 

◆企業が対策すべきこととは?

 

今後は更に巧妙化すると思われる、より悪質な「産業スパイ」の手口から被害を未然に防ぐ為に、

 

「企業として、何が大切なのか、何を守るべきなのか」

 

を真剣に考え事前に対策を講じるべきであると考えるのが企業経営者の責務であり、急務でもあると言えます。

 

そのためには、まず企業のトップおよび経営陣が、自社の大切な営業秘密が「何」であり、その秘密の管理を徹底する仕組みを作る必要があります。

 

営業秘密が外部に漏れてしまうのは、「人が故意に行う(仕方なくという場合でも)」「業務上の人為的ミス(うっかり間違ってメール送信など)」などが特に多いと言われています。営業秘密が漏洩してしまわないように、企業の「人事管理」と「業務管理」を今すぐ見直し、徹底して管理する仕組みにしてください。

 

常に「まさか」ではなく「念のため」という危機管理的意識を持つことによって「産業スパイ」による被害が発生する前兆を見極める事が大切なのです。

 

※当社では、企業の営業秘密を「外部の危機管理部門」としてお守りする為の『営業秘密保全対策』の小冊子を作成して、顧問先やその他の中小企業にお渡ししております。御社でも「念のために必要」とお考えであれば、当社にご連絡ください。

 

また、実際に「不審に思うことがある」などの心当たりのある企業様は、手遅れになる前に、まずは当社にご相談ください。

 

 

営業秘密保全対策については、以下の記事やページもご確認ください。

―――――――――――――――

※産業スパイ、不正競争防止法の事例についても掲載しております。

―――――――――――――――

 

 

P・O・B危機管理株式会社

0120-552-783

お問合せは、お電話か、お問合せフォームよりご連絡ください。