義を見てせざるは勇無きなり

~変化と多様化への対応~

 新年が明け、早くも1ヶ月が経ちました。

昨年から新型コロナウイルスが猛威を振るい、現在でもパンデミックが終局を迎えるような気配はなく、それに乗じて犯罪の狡猾化がみられます。

本年は、より見えないものに意識を向けることがウイルス・犯罪どちらからも身を守る上で重要です。

 

さて、当社は昨年に産業スパイ被害に関する調査、官公庁のボディーガードや暴力団を相手とするボディーガードなど様々な分野での任務を遂行してきました。

特に産業スパイ事案については今後も多様化しながら増加すると思われ、暴力団についてもここ数年間は暴対法や暴排例の効力により表立った活動はなかったものの、より狡猾さが増し、今再び牙を剥き始めています。また、メディアでも最近取り上げられ話題になっていますが、SNS等を用いた攻撃も数件対応しています。

 

本年は生活様式や犯罪形態が大きく変化する中、我々もその変化に柔軟に対応し、社訓である

「義を見てせざるは勇無きなり」

をモットーに悪意あるものからクライアントを守るため、更に精進し続ける所存であります

 

個人、法人関わらず「何かおかしい」と感じた時は、確信がなくとも何かの前兆かもしれません。是非一度、当社にご相談下さい。

 

文 春田