見知らぬ男のつきまとい行為

【ご依頼主】

レディースのアパレルショップに勤務されている女性

【ご依頼までの経緯】

① 店舗が運営するSNS経由で、依頼人個人のSNS宛てに、恋愛に関するメッセージが届くようになる。
② 暫く無視していると、店宛てに非通知の無言電話が毎日のように繰り返されるようになり、
③ その後、ほどなくして面識のない男が店頭をうろつくようになる。
④ 男の行動を気にせずやり過ごしていたところ、閉店した帰りの電車、依頼者本人と同じ車両で被害者を見つめる男の姿を発見。
⑤ さすがに気味が悪くなり、弊社に相談。

【対応内容】

① 依頼人個人のSNSから、直接、断りのメッセージを送信するように指示。
② 依頼人の勤務時間中は、店舗付近で2名の警護員による警護体制を配備。
③ ほどなく男が店舗前に現れたため、警護員が男を撮影し、威嚇目的で尾行を実施。
④ 警護員の尾行に気付いた男は足早に退散。
⑤ 依頼人の退勤時、自宅まで警護員が付き添い、自宅内の安全確認実施後終了。
その後、メッセージの送信、店舗徘徊、つきまとい行為は一切発生していない。

【お客様の声】

あまりの気味悪さから、仕事も辞めようかと悩んでいました。
思い切ってPOBさんに相談に伺ったところ、想像以上に親身にご対応頂き、相談しただけで「大船に乗ったような気持ち」になりました。
担当の方は「ストーカー規制法」をはじめとした様々な法律に詳しく、今回のような事案にも慣れてらっしゃるようでした。相談前、費用面に不安を抱えていたのですが、迅速、かつ効果的な対応方法を提案・実施頂き、とても助かりました。
万一の再発の場合に備え、次の対応方法も既に考えられているとのことで、本当に頼りがいがあります。同じような目に遭っている人がいたら、すぐにPOBさんに行くように勧めたいと思います。