企業情報

私は、永年、兵庫県警察において暴力団対策課や捜査第一課等に勤務し、反社会的勢力による恐喝事件や凶悪な人身安全関連事案の処理にたずさわってきました。

その中で感じてきたのは、捜査機関がいかに万全を期そうと努力したとしても、人的な制約の中で日々発生する全ての事案について、関係者の意向を最大限にくみ取り、きめ細かな対策を講じていくには、おのずと限界があるということです。

であるならば、それらのノウハウを会得している私自身が『関係者の安全を守り切るボディーガード(身辺警護)』を行い、社会に貢献するべきと考え、起業した次第です。

時代は刻々と変化し、社会に潜むリスクは多様化しています。それを的確に察知し、必要な措置を講じて回避していくことがなによりも肝要であり、そのための危機管理が求められています。

P・O・B危機管理(株)は、神戸本社及び東京支社に元政府要人警護員や元捜査幹部複数人が常駐し、格闘技に長けた要員との連携で皆様の要望に応えてきました。

これからも、当社の強みである警察業務全般に渡る知識、経験、危機管理能力をフルに生かし、時代を読み、社会の要望に即したサービスを提供し、皆様の安全を守ってまいります。


P・O・B危機管理株式会社

代表取締役 森川浩孝

代表森川浩孝プロフィール

代表 森川浩孝は、永年に渡り兵庫県警察に奉職し、そのほとんどを犯罪捜査にたずさわってきた。   暴力団対策課、捜査第一課、外事警察等の第一線において陣頭指揮に当り、多くの事件解決に貢献、その手腕は同僚刑事も認めているところで、日本テレビ系列の警察特集番組にも数回出演している。  P・O・B危機管理(株)を設立後は、企業、個人を問わず人の恐怖心に付け込んで行われる不当要求事案や、様々な交渉事案を解決に導いてきた。    また、顧問契約先であるショッピングエリアで常態化していた反社会的勢力等による迷惑行為を一掃するなど、事案対処能力は民間人となっても衰えることはない。

代表者略歴

兵庫県警察時代刑事警察(暴力団対策課等)約25年、外事警察 約10年
退職時の所属 刑事部機動捜査隊(警視)
平成11年4月
神戸メリケンパークオリエンタルホテル
総務部渉外担当部長(現 顧問)
平成12年4月
P・O・B危機管理株式会社を設立
平成18年6月
行政書士資格取得 第01301310号
平成18年9月
兵庫県警備業協会 身辺警護講師
平成19年6月
P・O・B機器管理株式会社の調査部門として、
J・P・O調査合同会社を設立
平成19年11月
兵庫県弁護士協同組合特約店指定
P・O・B危機管理株式会社(警備業身辺警護部門)
J・P・O調査合同会社(調査業)
平成21年5月
P・O・Bセキュリティシステム株式会社を設立
(現 セキュリティシステム事業部)
平成23年3月
P・O・B危機管理株式会社 東京支社
J・P・O調査合同会社 東京支社を東京・渋谷に開設
平成23年6月
危険業務従事者に対する春の叙勲にて端宝双光章を賜る

メディア実績

平成26年12月12日
海外衛星テレビ局「アルジャジーライングリッシュ」VTR出演
平成26年7月8日
朝日新聞朝刊にインタビュー記事掲載
平成25年10月20日
夕刊フジにインタビュー記事掲載
平成23年10月25日
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」VTR出演
平成23年10月22日
テレビ大阪「たかじんNOマネー」VTR出演
平成23年6月
ABC放送 「せのぶら!本舗」出演


P・O・Bとは

兵庫県警察本部

P・O・B危機管理(株)のPOBとは『警察のOB』を意味しています。


すなわち当社のスタッフは、代表を始めとして複数人が『警察のOB』とりわけ犯罪捜査に永年たずさわってきた元捜査幹部であり、神戸本社及び東京支社に常駐し、業務に当たっております。


また、スタッフには空手、柔道等の格闘技に長けた若手をそろえており、警察OBの知識・経験と若手の行動力を組み合わせて、高い執行力を確保しています。


当社は『依頼人の身の安全を守る最後の防波堤』との自覚に立ち、業務を遂行しています。


図:P・O・B危機管理(株)の業務 顧問契約 ボディーガード(身辺警護) 企業対象暴力等対策 秘密防衛、企業リスク対応 P・O・Bグループ セキュリティー事業部(防犯カメラ等) J・P・O調査合同会社(証拠収集等)P・O・B危機管理(株) 反社会的勢力、クレーマー等による脅迫、不当要求、業務妨害等対策 不良従業員対策等


会社概要

会社概要

会社名
P・O・B危機管理株式会社
代表者
代表取締役 森川 浩孝
設立
平成12年4月11日
所在地
〒650-0021
神戸市中央区三宮町2丁目11番1-507号 センタープラザ西館5階

TEL
078-332-2550
FAX
078-332-2551
Eメール
info@pob.co.jp
認定
兵庫県公安委員会 第1009号
資本金
1,000万円
顧問弁護士
德久法律事務所 弁護士 德久 正(元 最高検察庁検事)
主要取引先
  • 兵庫県弁護士協同組合
  • 株式会社G7ホールディングス
  • 神戸メリケンパークオリエンタルホテル
  • 神戸 西神オリエンタルホテル
  • 東亜外業株式会社
  • 株式会社エイチ・アイ・エス
  • 神戸三宮センター街商店街振興組合
  • 兵庫県信用漁業協同組合連合会
  • メロディアン株式会社
  • モンノ株式会社
  • トアロード商店街東亜会協同組合
  • 株式会社V.I.P
  • 株式会社プレスコーポレーション
  • 株式会社リンツコーポレーション

兵庫県弁護士協同組合特約店とは?

写真:バッジ 兵庫県弁護士協同組合とは、兵庫県弁護士会に所属する弁護士によって組織された団体です。  その特約店になるには、弁護士の推薦等に加え、会社の構成員と業務実績等が厳格に審査されます。  P・O・B危機管理(株)は、警察幹部OBを中心に、各々の専門分野で培った知識と経験を活かし、 業務を適正かつ的確に遂行していることを評価して頂き、特約店として認定されました。  社員一同、この信頼に応えるべく、常に最善を尽くし、今後もたゆまぬ研鑚をしてまいります。


東京支社のご案内

首都圏対応 ~P・O・B東京支社~

P・O・B東京支社では、警視庁等関東方面警察のOBが常駐し、企業対象暴力対策、営業秘密の漏洩等企業の危機管理対策、ストーカー対策等、首都圏で発生する又は、発生するおそれのある事案でのご依頼に対し、迅速に対応しています。

企業対象暴力対策

写真:ビジネスのイメージ

日本経済の中心である東京は、多くの企業(本社)が集中しており、資金獲得を狙う反社会的勢力にとっても大きなステージとなっています。

なかでも暴力団は暴対法及び暴力団排除条例の施行以降、組織実態を隠ぺいし、マフィア化し、より巧妙な手口で企業に接近して利益を得ようとしています。

彼らによる狡猾なゆすり、脅迫、恐喝等の不当な金銭の要求に対しては、『理不尽な要求には絶対に従わない』という姿勢を貫くことが重要ですが、相手も「その道のプロ」、恐怖心をあおるなど、あの手この手で要求を貫こうとします。そこで大切なことは、初期段階で危険を察知し的確な手を打つことです。

当社にご相談いただければ、適切なアドバイスのほか、必要に応じて相手方と直接交渉又は、同行(ボディガード)するなどで早期解決に導いて参ります。


営業秘密漏洩等企業の危機管理対策

企業の危機管理の中でも、『営業秘密保全対策』は極めて重要です。

企業が持つ「営業秘密」を狙い、近づいてくるのが、いわゆる「産業スパイ」です。産業スパイは、その企業の退職者、ライバル会社の人物、反社会的勢力により仕立て上げられた外部や内部の人物あるいは、諸外国の工作員等で、これら産業スパイに「営業秘密」を盗み取られると企業の損失は甚大であるばかりでなく、信用までも失墜することになります。

当社では、「産業スパイ」からの防衛に対する指導・助言、万一被害が発生した場合の犯人の特定や企業関係者のボディーガードなどで被害の拡大防止を図ります。特に反社会的勢力によるスパイ行為やスキャンダルをネタにした脅迫等の攻撃に対しては、積極的な対策を講じてクライアントをお守りします。

図:営業秘密とは? 不正競争防止法の「営業秘密」に該当するためには、3つの要件を備えて管理されていることが必要です。 非公知性 公然と知られていないこと。

不正競争防止法は、企業が持つ秘密情報が不正に持ち出されるなどの被害にあった場合に民事上、刑事上の措置をとることができますが、そのためには、その秘密情報が不正競争防止法にいう「営業秘密」として管理されていることが必要です。

ボディーガード

  • 企業の役員、著名人、芸能関係者等を守るボディーガード
  • 各種イベント等、多人数が集まる場所で依頼人等を守るボディーガード
  • ストーカーによる「つきまとい」などから依頼人を守るボディーガード
  • お子様や高齢者の外出の際の同行
  • 現金、貴金属を搬送される方の警護
等、ボディーガードのプロが依頼人をお守りします。

  所在地

〒150-0011
東京都渋谷区東1-27-2-406

  電話番号

0120-552-783